log walk

log walk

26歳、長期休暇を利用して旅をしています。

ロシアビザ・バウチャーの取得方法まとめ【決定版】

f:id:stewpan:20200516181313p:plain

「ロシアに入国するのは、大変だよ」 

バックパッカーなら1度は聞いたことがあるであろう、この言葉。

 

その言葉の真意について、詳しく書いていきたいと思います。

 

ロシアへ観光で入国するのに必要なもの

必要なものはバウチャーとツーリストビザ です。

 

ただ「バウチャー取るのがホント面倒臭い」

そう他の旅行者たちが口々に話していました。

まぁ、ビザは分かる。これが必要なのは全然分かる。

ただ、バウチャーってなんだろう。私は最初そう思っていました。

 

バウチャー

そもそもバウチャーとは

 ロシアでは、宿泊する場所・移動の交通手段などの情報をあらかじめ予約する必要があり、それを予約したことを証明する書類のことです。 

ロシアのツーリストビザを取得するときに、バウチャーの提出が求められます。

 

つまり細かいですが、正確には「バウチャーとビザが必要」ではなく、

「ビザを発行するために、バウチャーが必要」ということになります。

 

ただしロシア滞在中、旅行者はバウチャーの所持を求められています。 

なので、ロシアに行った人は、「ビザとバウチャーが必要」と言っていたんですね!

 

Russia01

 これが私のバウチャーです。事細かく記載する事項があります。

 

バウチャーの取得方法

<ツアーの場合>

普通は旅程を決めて、 旅行会社に発行してもらいます。ツアーに参加するなら、自動的にやってもらえます。

 

<個人で行く場合>

個人で行く場合は、全て自分で必要な書類を準備する必要があります。

手順は以下の通りです。

1.まず最初に宿泊する予定のホテルを決めます。

 ロシア国民がメインの宿泊者の安い宿だと、バウチャーを代わりに発行してくれるサービスがないところが多いです。場所にもよると思いますが、あまり外国人がいない地域の場合は、中級ホテル以上からバウチャーの発行をやってもえました(ちなみにイルクーツクの場合)。

 モスクワやサンクトペテルブルク・ウラジオストクでは、もっとホテル選びは楽になると思います。

 

2.ホテルに旅行確認書を作成してもらい、郵送してもらいます。

  基本的には宿泊するホテルのホームページの専用フォームに必要な情報を入力すると、ホテル側が作成して送ってくれます。普通は発行手数料は有料になっているところがほとんどで、宿泊費と合わせて支払うことがほとんどのようです。

 

 もしくは個人で行く場合でも、自分で用意する時間がなければ、多少お金はかかりますが旅行代理店に全部丸投げも可能です。

 

ツーリストビザ

ツーリストビザには期間内に何回入国するかに応じて、シングル(1回)、ダブル(2回)、マルチプル(3回以上)に分かれています。代理の業者を使えば、これのどれを選ぶかよって料金も変わってきます。

 

ツーリストビザの申請に必要なもの

  • バウチャー

   (値段は取り方によってピンキリ。詳しくは上記。)

  • 電子査証申請書

    これはロシア外務省のホームページで、自分で記入して印刷する必要があります。

  • パスポート

    有効期間6ヶ月以上、査証欄は2ページ以上の余白があること

  • カラーの顔写真1枚 

   (縦4.5cm×横3.5cm)

  • 発行手数料

   発行する日数によって異なります。

ロシア総領事館の営業日が3日以内  ・・・10,000円

ロシア総領事館の営業日が4~10日以内・・・4,000円

ロシア総領事館の営業日が11日以上   ・・・無料

 この早く発行するなら、高い料金を取りますっていうのは嫌な感じですが、結構どこの海外の大使館でも普通にやられています。文化の違いですね。

 まぁでも早くに発行をお願いできれば手数料は無料なので、バウチャー取得にかかる費用が、事実上のビザ代となります。

  

ツーリストビザの申請方法

上記の書類を持って、在日ロシア連邦の大使館か領事館に行きましょう。

場所は、札幌・函館・東京・新潟・大阪にあります。しかも郵送は不可です。

・・・って場所少なすぎだし、北海道にかたまりすぎだし、そんなの無理でしょ!

 

と思う方きっと多いはずです。本当にロシアは行くまでが大変なんです。

もし住んでいるところが遠い場合は、代行業者を使うしかありません。インターネット上に行くつも代行業者がありますし、少々値がはりますが大手の旅行業者でもいいと思います。

 

 ちなみに受付時間は、どの領事館とも月曜〜金曜の9:30〜12:30だけですので、ご注意ください。(受け取りもこの時間です)

 

Russia01

私のロシアビザ。ロシア語で読めない部分が多いです。

 

シベリアに行く場合のみオンラインビザが可能!?

2017年8月8日より、ウラジオストク自由港の国境検問所を通じてロシアに入国する場合、ロシアにオンラインビザが取得できます。しかもこれすごいポイントが3つあって、

  1. 休日・祝日を問わず、4日で以内に発行される。ネットなので当たり前だが24時間営業
  2. 何も確認書類は必要いらず、サイトで申請書を入力すればOK
  3. 手数料無料

ということです。非常に便利で素晴らしいんです。

 

このウラジオストク自由港検問所というのは、以下の場所が管轄のようです。

<飛行機での入国の場合>

  • アナディール(ウーゴリヌゥイー)
  • ブラガベシェンスク
  • ウラジオストク「クネブニチ」
  • ペトロパブロフスク・カムチャツク(エリゾヴォ)
  • ウランウデ(むの)
  • ハバロフスク(ノーヴィー)
  • 知多(かだら)
  • ユジノ・サハリンスク(ホムトヴォ)

 

<自動車での入国の場合>

  • ポルターウカ
  • ツリー ロッグ

 

<鉄道での入国の場合>

  • マハリノ
  • ポグラニーチヌイ
  • ハサン

 

<船での入国の場合>

  • ウラジオストク
  • ザルビノ
  • コルサコフ
  • ペトロパブロフスク カムチャツィキー
  • ポシエット

これはもはや、シベリアに行く場合、オンラインビザを使えると言い換えてもいいかもしれませんね。

おそらくよく使われるのは、ウラジオストクが出入口になることが多いのかなと思います。

 

オンラインビザ申請はこちらから。

 

 私の場合

私は旅行前仕事が忙しく、どうしても時間が取れませんでした。

なので、JTBのビザ代行取得サービスを利用して、バウチャーもビザも取ってもらいました。

 

余計なお金を使いたくはなかったのですが、背に腹は変えられないというやつですね。学生の頃には考えられないです。

 

そうすると、流石はJTB。2回店舗に行くだけで、ビザを取得することができました。

 

しかし、ロシアビザはJTBのビザ代行取得の中でも、かなり高く、バウチャーも含めて、20,000円近い手数料を支払いました。

 

加えて、予想外だったのがホテル代。バウチャーにホテルを記載しなければならない関係で、ホテルをあらかじめ予約したのですが、バウチャーに記載できるホテルは、どれも高い!

もともと私はいつもゲストハウスのドミトリーに泊まっていたので、ホテルを予約して行くとしても、高くても5000円くらいだろう。と思っていたのですが、JTBから予約できる最安値のホテルが地球の歩き方にも載っている、イルクーツクホテルで13,000円。

しかもダブルの部屋しかないとのこと。

高いと思いましたが、ロシアには数日しかいないし、モンゴル・中国に行ってしまえば、生活費は相当安い。そもそも航空券も安く取れたから、仕方ないか!ということで、2泊分予約しました。

 

そしてあと必要だったのが、出国のチケット

上にも書きましたが、バウチャーには移動手段の予約も完了して、記載しなければいけません。

元々、現地で何とかしようと思っていた、シベリア鉄道での出国チケットですが、これもまとめてとってしまいました。

 

結果的に、値段だけ見たら浮いた航空券分は使ったかな。という感じです。

 

 

空バウチャーは、やめておいたほうが良いのでは?

通常ビザの取得には、ロシアビザセンターというビザ代行業者を使います。

 

しかしそれとは別に、ロシアでバウチャーと検索すると、「空バウチャー」というものが沢山引っかかります。 

 空バウチャー とは、正式にはホテルや移動手段の予約はしていないけれど、ロシアの企業が安い値段(2,000円以下)でバウチャーだけ発行するというサービスで、

この空バウチャーがあれば、バウチャーと旅行確認書の役割を果たすそうです。

 

楽だし、安いし、素晴らしいこの空バウチャー。

ただし利用する際は、本当に気をつけてください。

実際に私は旅行中、バウチャーを見せる機会は、ありませんでした。

それは恐らく何事もなく、無事にロシアの旅が済んだからです。

しかし何かあった場合、旅行者の行動を証明するのはビザではなく、バウチャーです。

そのバウチャーに泊まっていないホテルや乗るはずのない、飛行機や鉄道のことが書いてあると思うと、ゾッとしませんか。

 

 実際に、私は空バウチャーを使用していないので、正確なことは何とも言えませんが、出来るだけ正規の方法でバウチャーを取得して、行く方が余計なことを気にすることなく旅を楽しめるのかなと思います。

 

 

追記

2020年5月17日現在、新型コロナウィルスの影響で渡航の制限がかかっています。

当分の間は、渡航を自粛してください。

これから行かれる方は、コロナが収まってから行きましょう。

何かご質問があれば、コメント欄もしくはTwitterへお気軽にどうぞ!

 

ひとこと

にほんブログ村に参加しました。

もし参考になりましたら、下の赤い「にほんブログ村ボタン」のクリックをお願いします!

     ↓